メガネの私

私は、幼い頃から、メガネをかけていた。
父も母も目が悪く、私は嫌々ながらも遺伝だと、遺伝は仕方ないと、受け止めていた。
私がメガネを掛けることは、必然的なのだ。と開き直っていた。
でもメガネも掛けてることが、幼い頃からコンプレックスだった。
私は、かなりの近視で、メガネが分厚かった事から、おちょくられた事もあった。
たとえば、メガネを掛けると、目が小さくみえる。それをおちょくられ笑われた時、私はコンプレックスになった。

でも誰にも言えなかった、なぜなら遺伝だから、仕方ないからと受け止めてきた。
大人になって、コンタクトレンズを挑戦するが、目が乾燥してしまいあまり自分の目には合ってないと思った。
もう、仕方なかった。メガネの私が本当の私なのだと。メガネは私を離してはくれなかった。
悲しいけど、もうメガネでおちょくられようが、なんとも思わなかった。
彼氏もいなかった。そりゃそうだ、こんな自分に自信の無い奴なんて好きになられるはずない・・・。

メガネを理由にはしたくなかったし、メガネをかけている人でも綺麗な人は沢山いる。
でも私はその自分がコンプレックスになっている事から、自分に自信が持てない、よって消極的に生きてきたのだ。
それがすべての理由だ。でも心は癒やされない。幼いころのあの言葉が今も私を蝕んでいるように痛みつけるから。

でもそんな時、レーシックを知った。私はこれで、メガネの自分から離れられると思った。
それから、眼科に行ってレーシックの話を聞くことにした。
眼科では、事細かく説明をしてくれた。最近の技術はすごいと関心さえした。
そして、私はもう迷う事もなく、レーシック手術をすることにしたのだ。

カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ